※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

申し込み|新規・乗り換え

楽天モバイル即解約1円スマホのペナルティやブラックリストはあるのか?

楽天モバイル1円スマホ即解約でペナルティ・ブラックリスト入りはあるのか?

2023年の春 楽天モバイルは在庫処分と契約数拡大のために1円スマホ Rakuten Hand 5Gと1円モバイルルーターWiFi Pocket 2C のを実施していましたが

現在は1円モバイルルーター WiFi Pocket 2Cのみの販売です。

そんな中で楽天モバイル1円スマホをすぐ即解約してペナルティやブラックリストにならないのか?巷には様々な見解がありますね

  • 即解約してもOK
  • 1か月後に解約
  • 最低3ヶ月で解約
  • 半年は利用して解約

などなど実際は楽天モバイル内の解約の規定はブラックボックスで一般ユーザーが知る由もありません。

結論からですが

楽天モバイル初めての契約で1台であれば「契約月内の解約であれば問題なし」と思われますが現在は見妙な状況になってます。

※利用意志が無く契約して解約する場合について悪質な場合は解約料金1,078 円の請求が発生

実際に

悪質な転売目的での数台契約したり、短期解約などを繰り返してる人はペナルティ措置される

TVでも問題になっているMNP転売を阻止する対策だと思われます。↓
NHK公式YouTube:クローズアップ現代「スマホ“乗り換え転売”の罠」

現在も転売ヤーではないけれども

個人で転売目的で楽天モバイルの1円スマホの購入をする人も数多くいてメルカリやPayPayモールそして本家本元の楽天グループのラクマにもRakuten Hand 5Gなどが6000円などで出品されていました。※現在は政府により1円スマホの販売は規制

過去には一人で10台などで契約して購入する転売ヤーなどが暗躍していましたが

現在は転売防止のための措置とおもわれる一人1台のみの販売となっています。

おひとり様につき、1点までの適用となります。
不正利用、不正転売などの目的で本キャンペーンを適用、又はそのおそれがあると当社がみなした場合はお申し込みをキャンセルさせていただきます。

引用:Rakuten WiFi Pocket 2Cが楽天モバイルお申し込みで1円

更に転売ヤー対策としてだと思われますが、

2023年10月から楽天モバイルの規約が一部変わりました初回1台では問題ないようです。

楽天モバイルの規約改定内容は簡単にいうと

楽天モバイルの利用の意志が無いのに契約して損害が生じた場合には損害相当額の支払いを請求する」

参照:公式サイト「【約款変更のお知らせ】楽天モバイル約款変更のお知らせ 」

というものです。

詳しくは不明ですが・・一部では悪質な短期解約で3000円の罰金という噂もチラホラ・・

罰則金が明示されました。

利用意志が無く契約して解約する場合について悪質な場合は解約料金1,078 円の請求が発生することになりました。

詳しくは↓
公式サイト「利用意思がないと認められる回線への契約解除料(解約事務手数料)請求開始のお知らせ

2024年2月21日(水)より

・お申し込み後1年以内に回線契約を解約し、かつ本サービスの利用意思がないにもかかわらず契約をお申し込みされたと当社が客観的合理的に判断した回線契約をお持ちのお客様
※お申し込み後1年以内に解約した場合でも、通常の利用方法であれば契約解除料(解約事務手数料)は発生いたしませんので、ご安心ください。

何台も割引のスマホを買って即解約など悪質な転売ヤーに害賠償金額を請求するように対策なんでしょうね。

ブラックリスト入りの条件等の詳細は↓

それでは楽天モバイルの1円スマホにまつわる解約の世間の口コミを含め色々と調べてみみた詳細をご紹介します。

【現在のスマホと楽天モバイルの比較キャンペーン企画】

スマホ料金をチェックするだけで100ポイントプレゼント!」
今のスマホの状況を入力するだけで100ポイントもれなく誰でも貰えます。

iPhoneキャンペーン企画

買い替え超トクプログラム
楽天モバイルに加入しなくても
25ヶ月後乗り換えで
iPhone15

2,74524回払いで65,880

iPhoneトク得乗り換え
iPhone15
最大32,000円相当お得に!

楽天モバイル1円スマホ即解約も対象?規約改定の賠償請求の内容とは

楽天モバイルは2023年10月に一部改訂される規約の中に

利用するつもりもないのに故意に契約して損害が出たら損害金額を請求する

というものです。

正に格安の1円や0円端末を契約契約をし続けて転売している転売ヤーを取り締まる規約になっています。

詳しくは以下の通りです。

  • 楽天モバイル通信サービス契約約款の第15条(当社が行う契約の解除等)
  • 楽天モバイル通信サービス(5G)契約約款の第16条(当社が行う契約の解除

の中に以下の9項が追加されます。

9 契約者が、本サービス利用の意志が無いにも関わらず本契約を締結したことにより、当社に損害が生じた場合、当社は、契約者に対して、別途当社が損害相当額として定める金額の支払いを請求することができます。また、本項に該当すると当社が合理的に判断した場合、当社は原則として本サービスの支払い手段として契約者が登録している支払い手段により当該損害金の徴収を行うものとします。

引用:【約款変更のお知らせ】楽天モバイル約款変更のお知らせ

 

契約者が、本サービス利用の意志が無いにも関わらず本契約を締結した」

この部分が1円スマホを契約して1ヶ月以内に解約した場合が対象になるかが焦点になります。

一部の報道では賠償金は3000円で悪質な短期解約を繰り返すなどが対象で、初回1台1ヶ月解約は問題ないようですね。

具体的な契約期間やどのような状況が「契約する意思がない」と判断されるかが不明なので今現時点ではわかりません。

具体的な解約のタイミングや条件を明示することで転売ヤーがそれをすり抜ける悪知恵を働かせるので提示できないのだと思われます。

例えば、転売目的でなくて、本当に1円のスマホで楽天モバイルを試してみたくて利用したけれども、電波状況や諸々の諸事情で1ヶ月で解約した場合は「本サービスの利用の意思があった」ことになります。

一方で転売目的で1円スマホを買って1か月未満で解約する輩も現実にはいます。

そこの見極めを楽天モバイルがどうするかですね。

もしも1ヶ月未満の解約で賠償金額が提示されるのであれば大事になりかねませんので初回契約の1円スマホ1か月未満の解約は対象外のような気もしますが、どうでしょう?

多分1円スマホの転売があまりにも酷く実害が多いのでしょう。

情けない話ですが多くの転売ヤーがメルカリヤフオクなどにRakuten Hand 5Gを6000円ほどで大量出品しているの見ると上記の措置も致し方ないかもしれません。

今後は1円スマホなどの0円に近い超格安スマホ販売は消滅していくような予感がします。

Rakuten WiFi Pocket を1円で購入できるキャンペーン

楽天モバイル1円キャンペーンへ

 

楽天モバイル1円スマホ即解約のペナルティの有無

楽天モバイル1円スマホ即解約でペナルティ・ブラックリスト入りはあるのか?

 

他社のDoCoMoやauそしてSoftbankは規制が厳しくて

  • 即解約はNGとか
  • 半年最低6か月は契約してないと駄目だとか
  • 即解約はブラックリスト入りされる

と言われています。

しかし

楽天モバイルの公式ホームページでは解約の件については

いつでも解約が出来て、違約金や最低期間の縛りなどは無い

と明言しております。

いつでも楽天モバイルの回線を解約できます。最低利用期間・契約解除料はございません
月途中で解約した場合、プラン料金は解約までにご利用いただいたデータ利用量に応じてご請求いたします。

引用:公式楽天モバイル「いつでも解約できるか知りたい」

これを見る限りでは

  1. 最低利用期間は無い → 1ヶ月未満解約でもOK
  2. 違約金も無い → 解約しても0円

契約して初月解約は問題は無い ※契約即解約は問題あり?

ようにも思われます。

また実際に

楽天モバイルを契約即解約してる人のツイートを見る限り今のところはないように見受けられます。

※あくまでも個人的見解です。

他の人のTwitterでは

よほど悪質な10台契約即解約などしない限り

即解約だけでブラックリスト入りは無い

と言っています。詳しくは下記の記事を参考してみてください。↓

 

実際にこれだけの1円スマホ契約で即解約の様相を呈していたら楽天モバイルの内部規定も改変されるかもしれませんね。

即解約で転売する輩からの対策として「楽天モバイル側で購入時の審査で契約キャンセル」などを施行しています。

現在、ご好評につき非常に多くのお申し込みをいただいており、台数制限を変更いたしました。また、製品のお届けにつきましても通常よりもお時間をいただいております。
不正利用、不正転売などの目的で本キャンペーンを適用したり又はそのおそれがあると当社がみなした場合はお申し込みをキャンセルさせていただきます。

引用:スマホトク得乗り換え!Android製品が最大9,000円相当分おトク!

公式サイトで記載しているように

過去に「契約と解約を繰り返しているユーザー」などは事前に契約できないような対策をしているようです。

知らない人もいるとは思いますが
副業で安く乗り換えした端末を販売して稼ぐという「MNP転売」というものが流行って
近年の契約即解約が増加して携帯会社も対策をしているがノルマなどの絡みもあり色々と難しいことになっています。

最近ではNHKでもクローズアップ現代「スマホ“乗り換え転売”の罠」という番組を放送していました。

「スマホの転売を手伝えば、数万円の報酬を払う―」そんな甘い誘いが今SNS上で横行している。携帯各社や販売店が、契約獲得のために値引きして販売する、いわゆる「1円スマホ」。こうしたサービスの隙をついた“闇のビジネス”が問題に

引用:NHK公式YouTubeチャンネル

 

Rakuten WiFi Pocket を1円で購入できるキャンペーン

楽天モバイル1円キャンペーンへ

 

楽天モバイル1円スマホの解約のタイミングは?

楽天モバイルの1円キャンペーンで

  • スマホ Rakuten Hand 5G
  • モバイルルーターWiFi Pocket 2C

を1円で購入した後の解約のタイミングは人によって様々ですが

多くの人が行っている解約タイミングは2つ

口コミによるお勧め解約タイミング

  • 契約月の月末に解約
  • 契約3か月後に解約

この2パターンが多いようです。

昔の楽天モバイルは解約締め日が15日で16日以降の手続きは翌月解約になっていましたが
今現在では契約して即解約する場合は楽天モバイルは日割り計算が無いので契約月で請求されます。

つまり

解約のタイミングなどは無いので

いつ解約しても同じ・月末までに解約

になります。

ただし

最低料金での解約するには契約月の間に解約することでデーター最低の3Gコースの1078円が通信料金として請求だけされることになります。

※その他に端末1円と月のユニバーサルサービス料 2円 電話リレーサービス料 1円 税別が追加されます

毎月1日から月末までのご利用料金を翌月にご請求いたします。お支払い方法によってご請求のタイミングは異なります。

例えば

5月10日に契約開通日となれば5月31日までに解約すれば5月分の最低料金の1078円だけで違約金も発生せずに解約となります。
※その他に端末1円と月のユニバーサルサービス料 2円 電話リレーサービス料 1円 税別が追加されます

詳しくは

公式サイト「請求金額の確定とお支払い完了までの流れ」

楽天モバイルの解約方法は?

解約は手続きはWebまたはアプリでネットで1分もあればできます。

注意すべき点はオプションは別で解約しなければなりません。公式サイト↓

 

1円スマホのキャンペーンには他のキャンペーンなどは殆ど併用できない

1円で買える Rakuten Hand 5G WiFi Pocket 2C のキャンペーンでは

殆どの多くのキャンペーンが併用不可になってしまっています。

  • 初めて申し込みした人には3000楽天ポイントが付与されますが1円スマホは適用外になっています。
  • 2回線目の契約でも3,000ポイントプレゼントされますが1円スマホは適用外になっています。
  • 家族など知り合いに紹介してもらうキャンペーンも1円スマホは適用外になっています。

1円キャンペーンで併用できる唯一のキャンペーンが

以下のキャンペーンは併用可能となります。以下記載のキャンペーン以外は併用不可となります。

  • - 【15分(標準)通話かけ放題】料金3カ月無料特典(キャンペーンコード:1525)

引用:参照:Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン

つまり上記のキャンペーン以外は全て適用外になります。

1円キャンペーンで併用できない対象外のキャンペーンは以下の通りですので注意ください。

参照:Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン

もし1円キャンペーン以外で追加回線申し込みで3000ポイントが併用が可能な場合は

契約月の翌3か月後から毎月1000ポイント毎に付与されるので直ぐ解約してしまうとポイントが貰えない仕組みになっています。

条件達成の2カ月後の末日頃・3カ月後の末日頃・4カ月後の末日頃にそれぞれ1,000ポイントを期間限定ポイントとして進呈いたします。

引用:楽天回線をもう1回線お申し込みで3,000円相当ポイントプレゼント

 

Rakuten WiFi Pocket を1円で購入できるキャンペーン

楽天モバイル1円キャンペーンへ

楽天モバイル 1円スマホ解約の口コミ

 

ツイートなどでは色々な口コミ評価が様々飛び交っています。

まとめてみると以下の通り

  • 楽天モバイルは最低3ヶ月続けてから解約した方がよい
  • 楽天モバイル1円スマホ購入後は 3ヶ月継続しないと購入できない
  • 楽天モバイルを即解約を繰り返すとブラックリスト入り
  • 楽天モバイル2回線目からは半年過ぎで解約した方がよい
  • 楽天モバイル契約翌日に解約しても翌年2台目契約できました
  • 楽天モバイルの早期解約は止めた方がよい
  • 楽天モバイルは初めての人対象なので短期解約でもOK
  • 楽天モバイルにはブラックリスト入りは存在しない
  • 楽天モバイルは即解約でも3ヶ月後には再契約も可能
  • 楽天モバイルは解約歴などで判定基準を設けて2台目以降の審査をしている

ブラックリスト入りの条件とは

実質1000円で解約してもらえるといってしまってますね。

この方は既存回線を解約して新規契約は継続

この方は楽天モバイルは即解約で問題ないと転売を言っています。

1か月で解約で通信料1078円 端末1円 ユニバーサルサービス料 2円 電話リレーサービス料 1円  で端末が貰えるといっていいます。

楽天モバイルは3ヶ月続けないとブラックリストに入ると言っています。流石にメルカリでめちゃめちゃ転売されてる事実

この人によれば即解約で1か月分の通信料のみと言っています。

この方の集計では約8割の人が転売?目的なのかもしれませんね。それでも2割がユーザーとして残るなら良しとしている楽天モバイルの会社の趣向かもしれませんね。

 

先にも述べましたがポイント付与をもとめるなら3ヶ月継続で実質無料という形式ですから3ヶ月継続ということは説得力がありましたが残念ながら対象外と適用外となってしまいました。

初回契約なのにキャンセルされている人。楽天モバイルではどんな基準で審査が行われているのかわかりませんね。

 

Rakuten WiFi Pocket を1円で購入できるキャンペーン

楽天モバイル1円キャンペーンへ

【まとめ】初めての楽天モバイル1円スマホの即解約は問題なし?

多くの口コミをまとめてみると

ポイント

  1. 初めての楽天モバイル1円スマホ契約月での解約はOK
  2. 契約即解約はお勧めしない・月末解約で少しでも利用した体にて解約
  3. 何台も何回も契約解約を繰り返していると契約不可などペナルティ有り

楽天モバイルを初めて契約する人は電波状況や使い勝手が悪いなど様々な要因があって解約するという背景もあるので初月の解約でも変なペナルティがつなないのではないかと考察できます。

もし、それで制限をかけてしまうと再契約したい潜在的なユーザーを失ってしまうからです。

一方で意識的に転売などで契約解約を継続的に繰り返しているユーザーは悪質と判断されてペナルティーを受けるのは間違いないでしょう。

注意ポイント

2023年10月施行の【約款変更のお知らせ】楽天モバイル約款変更のお知らせ によりもしかしたら厳しくなる可能性もでてきます。

 

楽天モバイルのRakuten Hand 5G / Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーンの即解約についての巷の見解をみると

  • 初月の解約は問題なし → ただし2回目契約に支障あるかも
  • 即解約するのでなく料金が変わらない契約月末にてギリギリに解約
  • 即解約した場合、次回楽天モバイル契約できるまで3ヶ月待期期間のペナルティが存在している可能性がある
  • 2台以上で同時契約即解約すると次回契約不履行のペナルティがある可能性大
  • 最低使用期間は無いが3ヶ月が最低ラインか?
  • 契約意思なく損害与えた場合は損害金を請求?基準が不明

また

1円キャンペーンは殆どのキャンペーンが併用できないのでポイント付与の恩恵にはあずかれませんので注意してください↓

契約月内に解約しないと2か月目から2162円以上の通信料が加算されていきます。

最低月料金 1,081円 内訳

  • 3G未満データー通信1,078円
  • ユニバーサルサービス料2円
  • 電話リレーサービス料1円

新規で開通して何もしない状態(3G以下で)初月に解約したとしても最低約千円の利用料が請求されます。

  • 契約月   1,081円
  • 2か月目  2,162円
  • 3か月目 3,243円
  • 4か月目 4,324円

楽天モバイルは他社と比べて契約期間などの規制が緩いように思います。

ただ大手を振って「即解約は問題は無い」とは言い切れない感じもしました。※あくまでも個人的見解です

今後一切楽天モバイルを利用しないというならば「初月末に問題ない」かとも思います。

もし今後も楽天モバイルを再契約する予定があるのなら即解約は避けた方がよいかと思えました。

実際に再度楽天モバイルに契約しようとしたところ何度も審査に落ちてしまうユーザーも見受けられました。

即解約した後で楽天モバイルに本当に加入したい場合には規制の対象になる可能性もあるのではないかと思います。
※あくまでも個人的見解です。

Twitterでも楽天モバイルでは過去に一人10回線契約とか端末も何台も契約している人などを見かけましたが、流石に最近では下記のように規制がかかってきているように思われます。

※不正利用、不正転売などの目的で本キャンペーンを適用したり又はそのおそれがあると当社がみなした場合はお申し込みをキャンセルさせていただきます。

今後のペナルティなどの規制も不透明ですが皆さんの口コミなどから

※1円スマホでは対象外の「1回線追加お申し込みで3,000ポイントプレゼント」

最低の解約の一番良い時期としては総合的に皆さんの意見からリスクが少ないと思われるのが1円スマホでは対象外になっていますが楽天モバイルの3000ポイント付与のタイミングではなかろうかと推測すると

契約月日から後3ヶ月目で解約(契約4か月目)

ではないかと思われました。※あくまでも個人的見解です。

ただし1円スマホだったとしても

4ヶ月最低料金を利用すると約4300円ほども通信料がかかってしまいますが、それでも真面にスマホ実機を買う単価としては安いのですが経費と考えても微妙な感じですね。

2回線目の3000ポイント付与のタイミングと同じですね。2回線目3000ポイント付与は対象外となってます。

即解約での料金と比べても2回線目の3000ポイントを全て得られる実質3ヶ月間は無料となり通信料は即解約よりは多少は高くはなりますが1000円台での通信料金請求になります。

 

契約する前に自宅が楽天モバイルで通信できるか確認することも大事なことですね↓

参考楽天モバイル 契約前のエリア確認方法6つ紹介|裏技でつながるか?テストで電波判断してから契約

  楽天モバイルは「最強プラン」でパートナー回線(au)回線使い放題になり 楽天モバイルはエリアで電波がつながらないと言われ続けてましたが、これで改善してきているように思われます。 ただ、こ ...

続きを見る

話は変わりますが

私は楽天モバイルが他社回線を利用していた旧楽天モバイル時代からの愛用ユーザーです。

ずーと長年利用して話し放題データー使い放題で重宝しています。

楽天モバイルは3大キャリアに負けないようにプラチナバンドの導入や基地局の増設そしてユーザー獲得に頑張っています。

ここが勝負時です。

KDDIのパートナー回線の制限を解除して、全てのデーター使い放題の「最強プラン」に変更になりました。

都内などの建物や地下街などで楽天モバイルが圏外で困っていた人も大丈夫になります!

個人的には

楽天モバイルで1円でスマホやルーターが買えると脚光を浴びていますが
転売目的で購入して即解約はやめて頂きたいと願っています。

今回の機会に楽天モバイルを契約した人は1か月で解約しないで最低できたら半年は利用して楽天モバイルの長所なども味わっていただき出来たらこのまま楽天モバイルユーザーになっていただきたくお願い申し上げたく存じます。

Rakuten WiFi Pocket を1円で購入できるキャンペーン

楽天モバイル1円キャンペーンへ

身分証明が不要で直ぐ発行できるデーター専用楽天モバイルが登場!

1ヶ月3G無料で電波確認のお試しに最適です。

【楽天モバイル公式サイト】

-申し込み|新規・乗り換え
-

© 2024 楽天モバイル生活のススメ