申し込み|新規・乗り換え

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」申し込み3つの事前準備と実際の手順で解説

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」申し込み事前準備と実際の手順で解説

米倉涼子さんがCMにでて大々的に宣伝していますね。
使い放題、しゃべり放題でプランは1つだけの明瞭の太っ腹サービスです。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の申し込み先は大半がネットなので今まで家電量販店などで申込していた方は戸惑う方も多いはずです。

実際に申し画面などを確認して見ながら申し込みしてみましょう。

私が今回申し込みして大変だと感じたことは3点でした

対応機種が限られているので機種セット申し込みをしなければならなかった。
申し込み手順が公式サイトをみてもよくわからない(分割申し込みされているか)
身分証明書の郵送が出来ないアップロードの手間がある。(※店舗ではスキャン)

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」申し込み3つの事前準備

最大にお得にポイントを得た方が良いので、できたら紹介コードなども揃えておくと2000ポイントがプラスになります。

何気なく申し込み始めると途中で手が止まったり書類の準備をしなくてはいけなくなったりしログインのセッション切れなども起こしかねないので全てを確認して準備した上で申込されることをお勧めします。

1番目は

支払い料金や還元されるポイントの事前確認

事前の支払い金額や還元されるポイントの総額などの概算を調べておきましょう。

還元されるポイントの確認

今回楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」は300万人のユーザー確保のために1年無料キャンペーンの他にポイント還元などの大盤振る舞いを実行しています。

そこで特にポイント還元に興味ない方は別にしてトータルでどれ位ポイントが還元されるか概算でもいいので確認しておくことが良いかと思います。

支払いする料金の確認

通信料は無料だとしても、一旦は事務手数料の支払いなども発生しますし新規で端末などを購入される方などの総支払額などのも事前に確認しておきましょう。

MNPに関わる違約金なのどの確認

電話番号の移行(MNP)をauやDoCoMoまたはSoftbankなどからされる方は時期によっては違約金が生じる場合もありますので移行時期は注意が必要です。

2番目は

楽天モバイルの使用条件の確認

 

楽天モバイルを利用するに当たって自分がどの内容で契約できるかの確認をしておきましょう

 

利用エリアの確認

CMでデーター使い放題と宣伝していますが実質のデーター使い放題の対象地域は大都市に限られています。また今後のエリア拡大の予定時期なども未定なのでエリア対象外のau回線エリアの場合はデーター制限が生じますので十分気を付けて事前の確認をしてください。

対象機種の確認

現行の端末を利用予定でも対象外だったり公式サイトでの対象機種には限りがあります。(※iPphoneは最近対象機種になった)確認して新規端末が必要なのか必要ないのかの確認をしましょう。

楽天モバイルでポイント還元のセットで購入したい場合は事前に購入する機種を決めておきましょう。

MNPか新規登録かの確認

更に新規登録するか、MNPで電話番号を移行するかで申し込み手順が変わってきます。
MNPする場合は利用しているスマホのキャリアでMNPの予約番号を入手しておく必要があります。

 

MNP:日本名称は番号ポータビリティ。

電気通信事業者(DoCoMoやauなど)を変更しても電話番号は同じでまま継続して利用できる仕組み

またMNPの場合は最悪で数時間電話ができなくなる場合もありますので休日に手続きをお勧めします。

3番目は

必要事項・書類の準備

肝心な事前準備です。これを揃えておかないと申し込み途中で中断してしまったり、やり直ししたりしなければならないのでしっかり揃えておきましょう。

 

楽天会員の登録の有無

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」に申し込みにあたって最低条件が楽天会員になることが求められます。
メールアドレスも必要になります。楽天会員のメールと同じでOKです。

楽天会員ログイン登録画面

楽天会員でない方は楽天会員の登録が先に必要になります。(※身分証明書と同じ設定)

 

身分証明書の用意

 

以前の楽天モバイルの場合は身分証明は郵送できましたが、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の場合はネットからのアップデートが必須です。

運転免許証は1つで良いのですが免許証以外の場合は2つ必要になります。

本人確認書類
https://network.mobile.rakuten.co.jp/guide/verify/

ここがお年寄りやネットに不慣れな方は敷居が高くなるかもしれません。
写真サイズなどの指定もありますので先にスマホ内かパソコン内に画像を保存されておくことをお勧めします。

 

支払い用のクレジットカードまたは銀行口座の用意

https://network.mobile.rakuten.co.jp/guide/payment/

支払いするためのクレジットカードまたは銀行口座の事前準備
もし楽天会員で支払いにクレジットカードの設定をされている方は不要です。

一番おすすめの支払い条件は楽天カードで支払いをすることです。なぜなら支払い手数料が無料だし楽天ポイントが更に貯まるからです。

また口座引き落としにした場合は100円の引き落とし手数料もかかります。ただクレジットカードの利用に抵抗ある方には良い支払い条件にもなります。

申し込み事前準備のまとめ

  1. 受け取るポイントや支払い送金額などの事前確認
  2. 住んでいる地域でのエリア確認と対象機種の確認
  3. 楽天会員および支払い条件と身分証明書の用意

以上3項目を用意しておくと途中で申込をストップしたりしないでスムーズに行うことができます。

私の場合で申しますと

ポイント還元の内容としては

Rakuten Linkご利用+オンラインお申し込みでに3000ポイント

Rakuten Linkご利用で事務手数料3300ポイント還元

Rakuten Linkご利用+対象製品+プランセット購入で20,000ポイント還元

残念ながら紹介コードを使用しなかったので2000ポイントは漏れてしまいました。

新規番号で申込なので違約金などは発生せず

静岡県のため楽天回線エリア外のau回線エリア
※現在は制限速度1Mbpsなので快適

現行のスマホでは利用できないので「AQUOSsense3lite」 を新規購入

新規番号なのでMNP予約番号は必要無し

楽天会員で現住所なども身分証明と同じで支払いも楽天カード

身分証明書は運転免許証をネットに上げるのを避けて念のために保険証と住民票を2つを用意。

コピーのスキャナーで取り込みサイズ変更してパソコンに取り込んでおきました。

 

申し込みの具体的な手順(個人申し込み画面と合わせて)

 

楽天モバイルのネットからの申し込みの実際の手順を著者の具体的な画面を表示しながら解説説明していきます。

申し込みの入り口

公式サイトの「申し込み」をクリック

https://portal.mobile.rakuten.co.jp/

 

楽天モバイルのプランの選択

サービスは1つしかないのでRakuten UN-LIMIT 2980円の「プランを選択」をクリック

  • 留守番電話
  • 着信転送
  • 割り込み通話

の3項目は選択されています。

 

月利用は0円なのでそのままでいいと思います。

SIMカードはnanoSIMの一択なので選択はありません。

 

契約事務手数料3,000円の消費税込みの3300円は次回必ず請求されて支払われます。
※ポイントと相殺されません。

次に「製品選択に進む」をクリック

購入製品の選択(※新規端末購入の方のみ)

楽天モバイル購入製品の選択

 

【注意】但し、ここで端末の新規購入が無い方は右項目のそのまま次へ進むを選択

 

事前に選んでいた機種を選択

中ほどにあるお支払回数で一括払いか分割払いを選択して、その下にある「購入する」をクリックする。

スマホ交換保証プランがデフォルト(既存)で選択されています。もし必要が無ければ選択済みをクリックして解除します。

但し後から保証プランはつけれませんので注意しなければならなりません。

 

 

内容に問題が無ければ最後の「この内容で申し込み」をクリック

楽天会員のログイン

 

楽天会員のログイン画面が出てくるのでログインIDとパスワードを入力してログイン

 

すると上部に手続きの番号が1から6まで見えてきますので6の数字まで進むと申込み完了になります。

内容を確認して次に進むと身分証明書の「本人確認のアップロード」が出てきます。

1:本人確認の書類のアップロード

書類の選択をして(運転免許証の場合はそのまま)表面と裏面をアップロードする。

運転免許証以外の場合は書類を2つ選択してアップロードする。

私の場合は住民票と保険証をUPしました。
※サイズを注意しましょう

アップロードしても何か問題があって認証できない場合はメールで認証不可という案内が届きますので再度UPします。

 

1:契約者情報

次に契約者情報の確認をします。

2電話番号の選択

MNPをするか新規番号を選ぶかを選択

MNPをする人は「現在の番号を引き継ぐ(MNP)」へ

新規番号の希望の人は
4つなどの候補から選択(※希望の番号などの要望はできない)

3お届け情報

自宅で受取で日時指定できるようになっていますが、私の場合は先行予約だったので日時は指定しても違って届きました。

4:お申し込み内容の確認

 

ここで最終的な申し込みの確認を行います。
住所や支払い内容や分割になっているかなど確認してメールなどの希望があればチェックして「次に進む」へ

5プランのお支払い方法

クレジットカードの情報確認や口座振り込みなどの入力

支払回数の確認
支払いに楽天ポイントを利用の選択

  • すべて使う
  • 一部つかう
  • 利用しない

「次へ進む」をクリック

6重要事項説明・利用規約

2箇所の同意をチェック

郵送希望の方はチェック

最後に「同意して申し込む」をクリック

これで正式に申し込みしたことになります。

申し込み完了

 

「申し込みを受け付け中」の画面が出現します。

ここから少し時間がかかりますので、じっと画面を見つめて終了するまで待ちます。

そして申し込みありがとうございます。という画面が現れます。

 

その画面に申し込み番号が記載されていますが、マイページでも後から確認できます。

まとめ

楽天モバイルを申し込みする時には事前準備が必須です。

事前に色々用意しておくと本当にすぐ終わりますので色々機種やサービスなどを調べ尽くしてから申し込みしてみてください。

ポイント還元なども私の場合は紹介コードをしらなかったのでそれだけでも2000ポイント損してしまいました。

もし楽天モバイルを契約しようとしていている人で楽天会員になっていなければ、楽天カードをおススメします。

なぜなら楽天カードは簡単に入手できますし年間使用料も無料ですし支払い時点でもポイントが付加できますし分割支払い手数料も無料など得なことが沢山あります。

-申し込み|新規・乗り換え

© 2021 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」通信生活のススメ|アンリミテッドでなくてアンリミットだよ