著者紹介:ヒロ

プロフィール画像

このサイトを作成するにあたり私のプロフィールを紹介したいと思います。

現在、楽天モバイル歴数年のユーザーのヒロと申します。

楽天がSIMフリーのモバイル事業に参画してから直ぐに加入しました。

最初は通信のみの利用から始まり、最終的には携帯電話回線もauからのMNPで乗り換えしました。

今では現在は楽天モバイル(※現在は新規加入はできない)のスーパーホーダイ2Gと楽天アンリミットの2台持ちをして電話もインターネットも全て楽天モバイルでしています。

それではスマホを楽天モバイルの移行していった経緯を話したいと思います。

 

auから楽天モバイルに乗り換えした経緯

 

最初から楽天モバイルのユーザーではなかった私。ずーとauユーザーを貫くつもりでもいました。しかし、やはり料金や価格には勝てませんでした。

それらの経緯を順番にご説明いたします。

ガラケーからスマホに買い替え

ネットの回線も進化してアナログからISDNにそしてADSLへ更に光回線が主流になりました。

そして携帯電話もガラケーからスマホに変わり始めauユーザーの私もとうとうガラケーからスマホに切り替えました

スマホの操作は最初は本当に大変でした。ボタンが無い?どこを何をすればいいのか?

それにしても画期的なことでした。

スマホでネットが見れる時代になったのが驚きでした。ネットを見るのは家に帰らないといけないというのが私の常識でしたから・・

ただ困ったことが1つありました。
仕事用で共有して使っていたのですが通話料金がかかりすぎました。

そこで当時あったPHSのウイルコムのガラケーで電話かけ放題のみ利用の携帯と個人使用でのauの東芝のスマホの2台持ちとしました。

その後、自宅のパソコンもノートパソコンに変わり、ネット回線もそれほど使用しないので、Yahoo!の回線を使用するよりも全てスマホのau回線のテザリングにしようと解約してしまいました。

仕事でもウイルコムのガラケー電話の使用もなくなりau1台で電話も自宅のパソコンのネットも1台で対応していました。

ただ月によっては通信料の変動がありauの通信料は高いためにOCNモバイルの通信回線10GのみのSIMフリーを契約して2台持ちにしました。

楽天モバイルの始めとauからの乗り換え

しかし、3日間の速度制限などもありOCNモバイルを解約して楽天モバイル10Gの通信回線のみのSIMフリーに変更したのが始まりです。

暫くはauスマホと楽天モバイルの2台持ちでauでは主に電話、そしてネットやパソコンのテザリングは楽天モバイルでという形で楽天モバイルはモバイルルーター的な利用をして使用していました。

楽天モバイルを使用していて1度も困ったことや不具合がなかったために楽天モバイルがスーパーホーダイのサービスを始めたのをきっかけに今までも回線的に問題が無かったので思い切って2台持ちからauからのMNPで楽天モバイルの1台持ちに変更を決意。

全てネットで申し込みで新しい端末に電話番号の移行も数時間で1人でスムーズにできました。

電話での会話も10分まで無料なので意外と長く話が出来て音質も良くて今までに問題は一切ありません。

2G月2980円のサービスに加入しています最低速度が1Mppsでテザリングもしておりパソコンでも問題なくネット通信はして満足しています。

そして2020年になって楽天アンリミットの新キャリアのサービスが始まったのでMNPはしないで新規番号で加入契約しました。

こちらも使い放題地域でない静岡ですがコロナ対策で最低速度は1Mppsで使い放題で快適です。

現在は楽天モバイル2台持ちになっています。

楽天モバイル(ZenFoneMAX)スーパーホーダイ2G au時代からの電話番号
楽天UN-LIMIT(AQUOS sense3 lite)新規電話番号

 

こんな経緯で今ネット回線と電話回線を全て楽天モバイルに統一して過ごしております。

楽天モバイルが今の生命線だといっても過言ではありませんね。

端末については

Auは最初は東芝そして京セラと変わりました。とにかくauの機種は不具合や故障などが多かったです。

SIMフリーの機種としてはZenFone(ゼンフォン)シリーズとフリーテルの2機種を使用していました。

ZenFone(ゼンフォン)は目立った故障もなくてバッテリーも持ちが良い端末です。一方一度浮気してフリーテルの機種にしたら途中で再起動が続くようになり使用不可になり慌てて楽天モバイルでZenFone(ゼンフォン)MAXを購入しました。

 

話しは随分と昔に戻りますが、私の電話やネット通信の歴史もここでご紹介したいと思います。

私の電話やネット通信の歴史

私のスマホというより携帯やネットの歴史をお話ししてみます。

ネットが無い時代

私が20代の頃はネットサーフィンなどパソコンを自体が無くて会社ではワープロそしてコボルと言う機械で表計算などをしていた時代です。

もちろんデスクにはパソコンなんて代物はありません。

連絡手段は電話とFAXのみ

新卒の私の仕事は外回りが多かっために会社との連絡手段はポケベル。
今の若い方は知りませんよね。

小さな手のひらに収まるライターより少し大きめな四角いポケベルが鳴ると会社からの呼び出しなので近くの公衆電話かもしくは仕事をしている事務所から会社に電話をするというそんな時代でした。

東京に赴任した時はバブル時代で会社の高級車の中には移動電話がついていていました。またお笑い芸人のノラさんが肩から掛けているショルダーバックのような移動電話も本当にありました。

お金がある会社でしか移動電話はもてないほど高級なものでした。

携帯電話とマイコンの時代

それから数年後

初めて携帯電話と言う代物が世の中に登場してきました。
私が手にしたのはセルラーというPHSの機種でした。

本当に画期的なことでした。
電話を携帯できるということは不思議でした。

パソコン通信という感じからDOSそしてWindows95が登場してマイコン(マイコンピューター)と呼ばれるようになり私もWindows98の時代になって初めてNECのパソコンを購入しました。

けれどもまだインターネットは復旧していなくホームページなども殆どなくてインターネットも電話回線で通信していた時代でした。

電話回線を利用してるのでネット中は電話がつながりません。(笑)また海外経由でつながる悪質な手口で詐欺のような被害も沢山ありました。

それからしばらくしてYahoo!がADSLを世の中に登場させて一気にネット世界が広がり始めました。

私も先行予約してYahoo!BBのADSLに繋げてそのネット表示の速さに驚きました。

当時はナローバンドとブロードバンドの1つのサイトではなくて同じ2つのサイトが表示されるようになっていました。

  • ナローバンドは電話回線などを利用した速度が遅い回線でテキスト中心のサイト
  • ブロードバンドはADSLなど回線が早い回線用のサイトで画像やイラストなどがあるサイト

そしてADSLの復旧とともにネットで株式ができるようになり小口のミニ株などを始めましたが散々でした。(笑)

そして携帯電話も進化して沖縄セルラーがKDDIに吸収されて今のauの機種に変更しました。

その後は前述したとおりの経緯でガラケーからスマホにauから楽天へと移行していきました。

まとめ

携帯(ガラケー)が登場した初期の頃のセルラー時代からすーとauユーザーでしたが時代の流れでスマホ時代になり自宅のネット環境もモバイル化となり現在では30年以上続けていたauと20年ほども使い続けていたYahoo!回線も解約して楽天モバイルで全てのネット環境と電話を1本化しています。

数年楽天モバイルを利用していますが問題なく快適に利用しております。(※端末は交換)

色々と楽天の経営や運営には問題も多いと私も思いますが私は初期のころから楽天モバイルを利用しているユーザーとしては通信環境や音声などには問題が無く便利に利用していますのでおススメします。

これからは現在使用している楽天モバイル通信が楽天アンリミットに統合されていくと思われます。

一番心配なのが私が現在恩恵に預かっている2G2980円のスーパーホーダイの最低速度1Mppsがどうなるかが心配でもあり通目すべきことがらです。

何故なら月のネットの使用量が30Gを超えているからです。それでも今のサービスであれば2980円の最低速度だけで利用できます。

しかし楽天アンリリミットでは対象地域外の場合は最低速度が遅くなってしまいます。(2020年時は1Mpps)統合されたときに使い放題の地域に指定されているか?いないか?で今後の私の楽天モバイル人生も変わるかもしれません。

 

© 2021 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」通信生活のススメ|アンリミテッドでなくてアンリミットだよ