※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

対象機種|iPhone・Android

楽天モバイルでiPhoneを おすすめしない3つの理由とデメリットを詳しく解説

楽天モバイル iPhone おすすめしない

楽天モバイルでは

iPhoneの販売キャンペーン

iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大12,000ポイント還元!

など実施しているので

楽天モバイルでiPhoneをお勧めしないのは矛盾するようにも思えます。

ではどうして

楽天モバイルで使う端末としてiPhoneをお勧めしない理由は何故なのか?

結論から言うと

楽天モバイルではAndroidとiPhoneを比べると

iOSは色々と制限があって十分に利用できないから

楽天モバイルでiPhoneをお勧めしない

ということになります。

それでは

iPhoneを楽天モバイルでお勧めできない理由と具体的な利用中に生じるリスクとデメリットなどをご紹介していきます。

iPhoneキャンペーン企画

買い替え超トクプログラム
楽天モバイルに加入しなくても
25ヶ月後乗り換えで
iPhone15

2,74524回払いで65,880

iPhoneトク得乗り換え
iPhone15
最大32,000円相当お得に!

楽天モバイルでiPhoneおすすめしない3つの理由

出典:公式「iPhone取扱一覧」

昔の楽天モバイルではiPhoneが利用できない時期もありましたが、

現在は随分と改善されて使用対象のiPhoneのラインナップも増えてきて

iPhoneを格安で購入できるキャンペーンなども実施されています。

実際に多くの人が楽天モバイルでiPhone購入して利用しています。

一方で

iPhoneの楽天モバイル利用をおすすめできない現状が下記の3つあります。

  1. iPhone機種の制限
  2. iPhoneと楽天モバイルとの相性の悪さ
  3. iPhoneと楽天リンクの通信制限

ご紹介していきます。

 

1つ目は

iOSバージョンの制限・iPhone対象機種の範囲

楽天モバイル側とアップル社との関係がどうなっているのかわかりませんが

以前は楽天モバイルでiPhoneが使えない機種が多数ありました。

2021年4月末から楽天モバイルは「iPhone 12」などのApple社製品の取り扱いを始め

現在も使用ができないiPhoneのiOSバージョンが存在し制限がある機種もあります。

具体的な楽天モバイルと対象のiPhoneバージョンや機種は下記のとおりです。

  • SIMフリー製品が対象
  • iOS14.4以降全ての機能が利用可能
  • iOS14からiOS14.3一部利用できない機能がある
  • iPhone6s以前の端末は対象外

現在は「最強プラン」になってパートナー回線は使い放題になりましたが、

自動切換え機能の問題はそのままの可能性もあります。

iOS14.4または14.5を搭載した場合でも、iPhone 13シリーズ、iPhone 12シリーズを除くモデルでは、楽天回線とパートナー回線の自動切り替え機能がご利用いただけないことがございますが、機内モードのオン/オフ切り替えや製品の再起動により解決する場合がございます。

引用:公式サイト「ご利用製品の対応状況確認」

【iOS版対象機種】

iOS 14.4以降※5を搭載した

Apple iPhone 15  iPhone 15 Pro  iPhone 15 Plus  iPhone 15 iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Plus、iPhone 14、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone SE(第3世代)、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone XR、iPhone XS Max、iPhone XS、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)、iPhone 6s、iPhone 6s Plus

心配な方は下記の対象機種検索で確認してみてください。

楽天モバイル【公式】ご利用製品の対応状況確認

機種によって機能が制限されてしまうのは困りますね。必ず最新のOSにバージョンアップしておきましょう。

今の最新のiPhoneは問題は無さそうです。

2つ目は

iPhoneは楽天モバイルと相性が悪い

現在の機種では問題ないとされてはいますが実際に楽天モバイルでiPhoneを利用しているユーザーからは不具合などの不満などが発せられています。

  • 不在着信になる
  • 電話の不具合が多い
  • 電波がつながらない

ちまたのTwitterにもiPhoneと楽天モバイルの相性についてのコメントが多数あります。

楽天モバイルとiPhoneの相性の悪さの口コミ

通話品質が悪い原因は楽天モバイルから「iPhoneで起きてる不具合」だと公表してます。

更にiPhoneに電話が着信しない問題もあります。(※Androidも同様な症状があります)

海外使用でも問題が・・・iPhoneで着信が鳴らない。非通知になる・・・

iPhoneに着信無く留守番電話に・・実はiPhoneでなくてもAndroidでもたまにある

生命線でもある電話の発着信が不具合多いのは問題ありですね。

公式 [iPhone] インターネットが遅い/音声通話がつながらない場合などの対処方法を教えてください。

Androidでも同じようなトラブルがあるのでiPhoneだけの問題でもなさそうですが・・・

それでも意外に楽天モバイルではiPhoneを格安で販売↓

しているせいかiPhoneユーザーが多いのも事実。

うまく楽天モバイルと折り合いをつけて使用しているのでしょうね。

3つ目は

楽天モバイルのiPhoneでの電話機能の制限

 

Androidでは問題なく機能しているものがiPhoneでは利用できないなど問題が多数あげられます。

特に楽天モバイルの売りである通話料SMS使い放題で

無料の楽天リンクでiPhoneはAndroidと較べて使用が制限されていることがあげられます。

一番の問題は

相手が楽天モバイルの楽天リンクを使わないで電話をかけてきた場合 です。

着信してきた相手 電話 SMS
楽天リンク 楽天リンク 楽天リンク
楽天リンク以外 標準iOS電話 標準iOS SMS

電話やSMSをしてきた相手が楽天モバイルで楽天リンクを利用していないDoCoMoやau、Softbankなど他社のスマホで掛けてきた場合は全てiPoneの標準で装備されている一般のiOS電話アプリで受信してしまいます。

詳しくは後半で説明しています。

着信は特には問題は無いのですが、

このまま着信を知らずに

iOS電話アプリで折り返してしまうと

有料の電話料金が発生してしまいます。

改めて、楽天リンクで掛けなおすことで

無用通話になります。

注意が必要ですね。

同じく

相手が楽天モバイルの楽天リンクのSMSを利用していない場合は、

iOSのSMSで受け取りになります。

更に電話とは違い発信も楽天リンクのSMSを利用することができません

iPoneでSMSを多く利用する人はSMSを発信するたびに料金が加算でしまうので

問題がありますね。

楽天リンクとiPhone制限の口コミ

X界隈でも楽天モバイルとiPhoneの不満が多くでています。

この方も楽天リンクとiPhoneの着信問題に憤慨してますね。

この方もiPhoneでSMSメッセージを無料で楽天リンクで使いたくても使えない不満があります。

この方も同じで楽天リンクの機能がフル利用できないので困惑しています。


これらのお勧めしない理由を踏まえて

実際に具体的にどのようなデメリットや注意点があるのかあげてみたいと思います。

楽天モバイルでiPhone使用する時のデメリットと注意点

出典:公式「iPhone取扱一覧」

楽天モバイルのメリットであるデーター無制限と電話SMS使い放題があげられます。

楽天モバイルの電話やSMSの良さを最大限利用できないことが

お勧めしない一番の理由です。

ここで挙げている4つのデメリットは以下の通り

電話 相手が楽天リンク以外 → 楽天リンクで受けれない
SMS 相手が楽天リンク以外 → 有料
海外 着信 相手が楽天リンク以外 → 有料
ビデオ通信 楽天リンクのビデオ通信は不可

Androidでは問題ない仕様がiPhoneだと制限がかかり不都合な状態になって使いづらい仕様になっています。

詳しくは【公式】楽天モバイル「【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ」

デメリット1: 楽天リンク以外の電話からはiOS標準電話アプリで着信

 

出典:【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ

相手 自分
楽天リンクで発信  ⇒ 楽天リンクで着信
楽天リンク以外で発信 ⇒ iOS電話で着信
自分 相手
楽天リンクで発信⇒ 相手が楽天リンク以外でも全て無料

 

下記の公式ページでも明記している通り、楽天モバイル(Link)を利用していない他社ユーザーからの電話はiOS標準の電話アプリに着信されてしまいます。

Rakuten Linkアプリを利用していない相手からの電話※を着信する場合、現在はお客様のRakuten Linkアプリに着信いたしますが、仕様変更後はiOS標準の電話アプリに着信するようになります。2021年7月5日更新

引用:【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ

 

そこで問題になるのはiPhoneに着歴があって、

そのまま知らずに標準のiOS電話アプリで折り返してしまうと有料通話になってしまいます。

楽天リンクで折り返す分には無料です。

 

Rakuten Link未使用時

  • 国内通話は30秒22円
  • 国内から海外へ、海外から海外への通話は国・地域別従量課金

 

これらの料金発生を抑えるにはわざわざ楽天リンクの電話に切り替えてメッセージを送らなければなりません。

  1. auのスマホから
    楽天モバイルのiPhone に電話
  2. 着信は
    iOS電話アプリ に着信
  3. 電話番号を
    楽天リンクにコピペ などして auに折り返す

【まとめ】の項目でも掲載してますが公式ページには簡単な折り返しのやりかたを図解入りで説明しています。

公式サイト「iOS標準の電話アプリで着信履歴からRakuten Linkアプリでの折り返し発信はできますか」

受信はiOS電話で発信は楽天リンクという感じになり面倒な状況に陥ります。

楽天モバイルでiPhoneで電話利用している人の口コミ

やはり多くの人が着信がiOS電話アプリで間違って有料電話をかけてしまったり問題は続いていますね。

折り返しの電話で知らないで有料課金されて後でびっくり!してしまうパターンが多そうです。


この方はやはり楽天リンク以外の人すべてが通常の電話アプリで着信してしまうので、折り合えしの煩わしさや間違いがないように月1100円の15分かけ放題のオプションに加入していますね。


この着信問題が収まらないと解約してしまう人も多いのも実情です。

デメリット2:楽天リンク以外のSMSはiOS標準のメッセージアプリで送受信で有料

 

出典:【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ

相手⇒ 自分
楽天リンクSMSで発信  ⇒ 楽天リンクSMSで着信
楽天リンク以外のSMSで発信 ⇒ iOS電話SMSで着信
相手の条件
自分⇒ 相手
相手が楽天モバイル 楽天リンクSMS無料発信 ⇒ 楽天リンクSMSで着信
相手が楽天モバイル以外 iOS標準のSMS有料発信 ⇒ 楽天モバイル以外のスマホSMSで着信

 

電話と同じくiPhoneの仕様変更でSMSも

楽天リンクを利用してない人からのメッセージは全てiOS標準メッセージアプリで送受信されることになります。

つまり送信は楽天リンクでもできなくなり有料送信のみになってしまいます。

SMSの受信は元々無料なのでiOS標準メッセージアプリで受信されてもお金はかかりませんが、

SMSの送信は今まで楽天Linkで無料で送信していたものが1通3.3円かかってしまいます。

 

相手が楽天Linkを利用していないユーザーの場合

  • 国内SMSは3.3円/70文字(全角)
  • 国際SMSは100円(不課税)/70文字(全角)
  • SMSの送信上限数は最大100通/日

出典:【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ

SMSメッセージを普段から利用していない人には問題ないかとは思いますが

今まで楽天リンクで無料でメッセージを何十文字と使用していた人には痛手です。

後は個人的なことですが、相手がiPoneだと楽天モバイルのAndroidからSMSを何度も送っても着信されません。

何故だかわかりませんが相手が受け取れないので仕方なく他社のiPoneを利用している相手には標準のSMSを利用して有料で送信しています。

同じような人はいますか?

楽天モバイル iPhoneでSMSしている人の口コミ

楽天モバイルってiPhoneだとRakuten LinkだろうがSMS送信有料なのはやはり使っている人からみたら

Androidは無料で何でiPhoneだけ有料!ってなりますね、


この方はiPhoneでローソンチケットのアプリの認証を楽天リンクのSMSでしているので認証できないのでしょうね。

Androidはできても、iPhoneは通常のIOS標準SMSでないと使用できないことを知らないので困惑している状況

楽天モバイルでiPhoneからSMS送ろうと思ったら相手もLinkアプリ使ってないと有料になることを知らない人も多いですね。


これらのデメリットを承知でIPhone利用するのであれば問題ないのですが・・・

改善を求めたいけれども楽天側ではどうしようもなくてアップル社の仕様しだいですね。

デメリット3:楽天リンク以外で海外の電話着信は国別従量課金制へ変更

出典:【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ

【相手がRakuten Link以外で海外で着信の場合】※海外の対象国と地域でのみ着信可能

  • Android:無料
  • iPhone:有料 ※楽天リンクで着信不可・iOS標準の電話アプリでの着信

参照:相手がRakuten Link以外との通話料金

  •  iOS標準の電話アプリを利用した場合、海外の対象国と地域でのみ着信が可能国・地域別従量課金
  • その他の地域に関してはWi-Fi接続中の場合のみ着信可能
  • ご利用可能な国・地域と通話料金は「国際通話(ご利用方法)」で確認

例えばアメリカで比較すると

発信相手 Androidで着信 iPhoneで着信
楽天リンク 0円 0円
楽天リンク以外 0円 195円/分

Androidでは

相手が楽天リンク以外でも楽天リンクで受けられるので着信でも0円ですが、

iPhoneの場合は

相手が楽天リンク以外の場合は強制的にiOS電話で着信してしまうので有料になってしまいます。

 

詳しい海外での通話料金については下記の公式サイト「海外ローミング 対応エリア・料金」をご覧ください。

2021年6月までは海外でもiPhoneの楽天Linkで着信できていたので無料でしたが、

以降はiOS標準電話アプリで着信されるようになったので

海外で電話をうける着信で料金が発生するようになりました。

 

これはiPhoneで楽天モバイルで海外で無料着信して利用していた人には打撃的な変更です。

 楽天モバイル iPhoneを海外で利用している人の口コミ

この方は海外だとiPhoneは楽天リンク以外で着信で課金されるので、この方はわざわざiPhoneからPixelに乗り換えしてますね。

この方は海外で楽天モバイルとiPhoneという組み合わせで裏技でのSMARTalk留守電を上手く利用していましたね。

私も楽天グループのSMARTalkを着信専用で利用していましたがサービス終了で残念です。

多分、月利用が無料で発信のみ課金だったので私や下記の方のように着信専用にしている人が大半で赤字だったのではないかと仕方ないことですね。


国内では着信は無料ですが海外でiPhoneを利用する人は本当に要注意ですね!

 

iPhoneデメリット4: 楽天リンクのビデオ通話は不可

参照:ビデオ通話をする(Android版のみ)

  • Android
    楽天リンクでビデオ通信 OK
  • iPhone
    楽天リンクでビデオ通信 NG

ビデオ通話できるLINEなどを利用していないユーザーでも

お互い楽天リンクを利用していると簡単にビデオ会話が利用できます。

ただこのサービスはAndroidのみ利用できるもので

iPhoneではビデオ通信は使用不可になっています。

注意点:iPhone初期設定でつまずく

これらもデメリットを含めてそれでもiPhoneの契約をする予定がある人にお伝えしておく注意点は設定での操作の注意点です。

  • SIMロック解除
  • APN構成プロファイルの削除

またiPhoneの初期設定も意外と複雑でiPhoneの楽天モバイルの初期設定が上手くできないと困っている人たちを見かけます。

スマホやパソコンが詳しい方は問題がないとは思いますが、意外に多くの人がつまずいています。

中古で買ったiPhoneや他社で買って利用していたiPhoneなどはSIMロックというのがかかっていて、

使用していた会社以外では使用できないような設定になっています。

そのロックを解除しないと同じiPhoneでも楽天モバイルには接続できません。


詳しいSIMロック解除については

下記の公式サイト「お手持ちのiPhone・iPadで楽天モバイルを使用するための初期設定方法

をご覧ください。

 

特に多いのが他社で使用していた(※旧楽天モバイルを含む)iPhoneは手動設定をしないと繋がりません。特にAPN構成プロファイルの削除を行わないことで接続できない症状が多くなっています。

公式サイトでも「iPhoneをご利用されていた方は、APN構成プロファイルの削除を行ってください。」と掲載しています。

楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)、ワイモバイル、UQモバイルなどでiPhoneをご利用されていた方は、APN構成プロファイルの削除を行ってください。
ドコモ、au、ソフトバンクをご利用されていた方は、削除は不要です。

引用:お手持ちのiPhone・iPadで楽天回線を使用するためのAPN構成プロファイル削除方法

特にSIMを2つ同時に利用するデュアルSIMの場合には注意が必要です。↓

 

下記はmioneという通信会社とデュアルSIMで併用していた時の記事です。

 

iPhoneで楽天モバイルの設定で繋がらない人は下記サイトを公式サイトご参考にしてみてください。

iPhoneで初回のデータ通信や回線への接続ができません。どうすればよいですか?

楽天モバイルとiPhoneの電話相性 2つの改善対策

 

楽天Link(無料通話)で受けれない着信から間違って有料通話にしないために

クリックだけで選択できる方法

標準電話アプリから発信しても15分の無料通話のサービス

なども提案しています。

これらの対策も含めて納得した上で楽天モバイルのiPhoneの利用をお勧めします。

iOS電話アプリの着信から簡単に楽天Linkで折り返す方法

  1. 電話番号を長押し
  2. 各項目が表示
  3. Rakuten Linkを選択

「Safari」で電話番号を選択した際に自動的にRakuten Linkを起動する機能が備わっております。
電話番号を長押しすることで表示される「Rakuten Link」という項目を選択することでRakuten Linkから発信することができます。

Webサイトに記載されている電話番号はRakuten Linkで発信することはできますか

どうしてもiPhoneで楽天モバイルを利用したい人は

楽天リンクの制限だけを確認して、それらの条件の前提で利用する分には問題ないかと思います。

また将来的には

Androidと同様な条件で利用できる日もあるかと思われます。

期待して待つしかありませんね。

「15分無料かけ放題」「国際通話かけ放題」サービス

誤発信の苦肉の対策として

通常の電話アプリで「15分無料かけ放題」「国際通話かけ放題」などのサービスがオプションとしてあります。

電話の返信を気にせず折り返しできますが有料で1100円も追加料金もかかってしまうのでどうかな?という気もします。

15分(標準)通話かけ放題

  • OS標準アプリでの利用
  • 1回15分以内の国内通話がかけ放題、
  • 国内SMSの送受信が使い放題
  • 1100円/月

国際通話かけ放題

  • 海外指定66の国と地域への通話がかけ放題
  • OS標準の電話アプリで日本から海外へ電話をかける
  • 980円/月

以上が現在の楽天モバイルにおけるiPhone利用の制限デメリットを回避する方法として公式サイトが提示している提案です。

 

【まとめ】楽天モバイルのiPhone利用は制限を納得した上でお勧め

出典:公式「iPhone取扱一覧」

様々な制限や問題があったとしても

実際にはiPhoneを楽天モバイルで使っている人は大勢います

そこで繰り返しますが

楽天モバイルでiPhoneを利用するには注意が必要です。

  • iPhoneで楽天モバイルは使える
  • iPhoneで楽天モバイルの使い勝手が少し悪い
  • iPhoneでは楽天link利用以外の人からは標準電話アプリに着信

AndroidとiPhoneでは楽天モバイルの利用する機能に差が出ています。
下記の「Android版アプリとiOS版アプリで機能に差はありますか」でも公言しています。

楽天モバイル側ではiOSの相性が悪い状態を打破しようとして色々な策を提案もしています。

楽天モバイルの通話は特殊な通話方法(LINE通信のような)を実装しておりiOSとの問題がありなかなか進展がありません。

iPhoneというよりアップルのiOSは「独自のアプリの作成」(サードパーティ製品)を許可していないので今回のような楽天リンクのような外部のアプリが正常に稼働しないという現象が生じてしまうのです。

iOSに楽天リンクの機能をすべて取り込みには時間も手間もかかりそうです。

iPhoneキャンペーン企画

買い替え超トクプログラム
楽天モバイルに加入しなくても
25ヶ月後乗り換えで
iPhone15

2,74524回払いで65,880

iPhoneトク得乗り換え
iPhone15
最大32,000円相当お得に!

【楽天モバイル公式サイト】

-対象機種|iPhone・Android

© 2024 楽天モバイル生活のススメ