※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

地域

楽天モバイルの山間部の評価とキャリア比較から検証

楽天モバイルは山間部では繋がらない?口コミや他キャリアと比較検証してみた

地方の田舎のエリアでは別の記事「楽天モバイルの田舎の評判は?繋がらない?」でも書いていましたが田舎でも他のドコモやau、Softbankと遜色ないぐらい楽天モバイル回線は繋がります。

一方で山登りなど本格的に地方の山間部では楽天モバイルは繋がるのか?気になるところです。

実際に山に登っている登山愛好家の人たちの口コミや評価から

山で強いスマホの電波は

DoCoMo>au>Softbank>楽天モバイル

という順になっているようです。

また

楽天モバイルは以前はDoCoMo回線とパートナー回線のau回線を利用して山間部での電波状況は良かったのですが、

現在は独自の楽天回線を使用していので変化もあるようです。

  • 現在の楽天モバイルの山間部の電波状況はどうなっているか?
  • 楽天モバイルは登山で繋がるののか?
  • 楽天モバイルは他のキャリアと較べて山での電波はどれくらいなのか?

実際の楽天モバイル登山の口コミや評価そして各キャリアで告知している電波エリアなどで比較してみてみましょう。

下記の三木谷社長の紹介キャンペーンを実施してます。
普通の紹介キャンペーンよりも1000ポイントも高くて、過去に楽天モバイルを解約したとしても2回線目対象になってます。
更に社長の個人マネーで1件1万円の寄付もついてますので、社会支援にもなるのでお勧めです!

 

楽天モバイルの山間部や登山での総評は?

Twitterなどで楽天モバイルの山間部での電波状況の口コミは大半が山頂では楽天モバイルは圏外で繋がらないと言われている一方で

北アルプスの立山などの山頂でもパートナー回線で問題なく繋がるという口コミもあり

意見は2分しているようです。

  • 楽天モバイルは山では圏外で使いものにならない
  • 最強プランで山でもパートナー回線使い放題(au回線)で繋がる

ただし

一概に楽天モバイルだけが繋がらないとうものでもなく中には、楽天モバイルは繋がるけどもDoCoMoが繋がらないなどもありました。

また各キャリアには下記のような

登山に特化したエリアマップ

の存在があります。

しかしながら楽天モバイルには現在はありません。

現在は楽天モバイルは最強プランになって

au回線のパートナー回線つかい放題になって意外なこと登山で楽天モバイルでも順調に電波が入るという口コミもあります。

数年前のとある会社の調査では山間部の電波はDoCoMoが1位で離れて次にauという結果になったと聞いていました。

そんな中でやはり楽天モバイルは苦戦しているようです。

公表されている電波のエリアは各社ともそれほど差はないようですが実際は差があるようです。

実は人口カバー率は算出には500m区画で50%以上で通信可能なエリアとしてるために各社で差が生じていると思われます。

すなわち50%しか通信で来てなくても98%通信されていても同じエリアで表示されるからです。

山のスマホの通信状況をリアルに確認したい場合は

「山の電波地図」というサイトで実際の山でのスマホの電波状態がわかるようになっているので参考にしてみてください。

※「山の電波地図」は,携帯電話の電波情報をマップで共有できるサイトです。
※観測データーは各個人での自己申告なので記載が無いから繋がらないという訳でもありませんので注意が必要です。

実際の北アルプスでの立山エリア各キャリアの比較もしているのでご参照ください。

更に後半では他の登山などの口コミもご紹介しています。

北アルプス立山の電波比較 楽天モバイル・DoCoMo/au/Softbank

実際の山の電波は個人の見解では立山周辺のエリアを比較してみると

1位 DoCoMo
2位 au
3位  Softbank
4位 楽天モバイル

といった感じではないかと思われます。

それでは各社の公表している電波数値と北アルプスの立山を中心としたエリア地図で比較してみましょう。

楽天モバイル 立山周辺 電波エリア

人口カバー率 98%

【北アルプス立山連峰周辺の楽天モバイルのエリア地図】

参照:楽天モバイル「エリアマップ

立山の山頂付近はパートナー回線のみとなっていいるのでau回線を利用しています。

楽天回線はありません。

現在は最強プランになってるのでauのパートナー回線が繋がるかどうかでですが、口コミでは繋がったということです。

 


意外でしたが、もしそうであればauが繋がる地域の山では全て繋がるということになりますね。

ちなみに「山の電波地図」では楽天モバイルは皆無でしたが個人での申告なので実際は立山でも楽天モバイルは繋がるようです。

DoCoMo 立山周辺 電波エリア

人口カバー率 99%

 LTEサービスのエリアについては、2014年度末に人口カバー率99%となっています。

引用:ドコモQ&A

更に 5Gエリアについては2024年3月まで人口カバー率90%以上としています。

参照:5Gサービスのエリア展開を加速

DoCoMoで登山する時のエリア確認はDoCoMo公式「携帯電話をご利用になれる登山道」で確認できます。

【北アルプス立山連峰周辺のドコモのエリア地図】

 

参照・出典:公式サイト:https://www.docomo.ne.jp/area/servicearea/

立山周辺ではDoCoMoの回線は網羅していて5Gも開設されています。

au 立山周辺 電波エリア

人口カバー率 99%

参照:4G LTEの人口カバー率99.9%

auスマホで登山する時のエリア確認は「au公式サイト携帯電話がご利用いただける登山道」で確認できます

【北アルプス立山連峰周辺のauのエリア地図】

参照・出典:公式サイト:https://www.au.com/mobile/area/map/

auも立山周辺では4Gが網羅しています。

Softbank 立山周辺 電波エリア

人口カバー率99%

5Gの人口カバー率が90%を突破

参照:https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2022/20220407_03/

Softbankのスマホで登山する時のエリア確認は「Softbank公式サイト登山道マップ」で確認できます

 

【北アルプス立山連峰周辺のSoftbankのエリア地図】

参照・出典:公式サイト:https://www.softbank.jp/mobile/network/area/

Softbankも同様にSoftbank4Gで繋がっていますね。

楽天モバイルの山間部や登山の口コミ評価は?

今回収集した山での口コミは以下の通り、東京郊外で人気スポットの八王子にある高尾山が圏外だったのは意外でした。

  • 立山連峰 圏内
  • 比叡山 一部圏外
  • 上高地 圏内
  • 伊吹山 圏内
  • 高尾山 圏外
  • 富士山 圏内
  • 谷川岳 一部圏内
  • 鍋蓋山 圏外
  • 大山  圏外
  • 那須高原 一部圏外

実際にその場に赴かないとわからないものですね。

楽天公式サイトのエリアマップで圏内だと確認しても、実際に電波がチャンと届くかどうかは使ってみなければわからないのが現実です。

そこで楽天モバイルのお試しで電波確認のためにお勧めしているのが↓

富山 北アルプス後立山連峰の五竜岳

意外や意外立山連峰でDoCoMoが圏外で楽天モバイルが圏内

多分パートナー回線のau回線をつかんでいるのでしょうね。最強プランのパートナー回線使い放題の恩恵に預かりましょう!

 

長野 上高地

夏にはハイカーが沢山やってくる上高地では楽天モバイルが健全に圏内でソフトバンクよりも電波が良い?

やはり人が多く来る観光地の山間部では基地局が設置されているのかもしれませんね

 

滋賀 比叡山

有名な比叡山付近は一部圏内で一部圏外・・・山でも人が多い観光地は繋がるのかもしれませんね。

滋賀 伊吹山

有名な滋賀県の伊吹山では意外なこと?に楽天モバイルは健全

 

東京 高尾山

人気の都内ハイキング高尾山でも楽天モバイルは圏外

 

関連記事

静岡 富士山

富士山山頂で楽天モバイル使えるようになったとのこと

但し「富士山頂付近のデータ高速無制限エリアは、山開きの期間中の7月から8月下旬のみのサービス提供となります。」

公式サイトにもありました。↓
楽天モバイル、富士山頂で初めて4Gおよび5G通信サービスの提供を開始

群馬 谷川岳

谷川岳は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山で谷川ロープウエイがあります。
日本三大急登の西黒尾根で楽天モバイルが繋がっていると報告しています。

兵庫県 六甲山系

鍋蓋山は兵庫県神戸の六甲山系の山でやはり郊外の低山です。
それでも楽天モバイルは圏外

栃木 那須高原

栃木県の那須には良く行きましたが楽天モバイルは圏内でしたが・・・

この方は那須高原のホテルで楽天モバイルとDoCoMoも圏外とのこと。

神奈川 大山

神奈川県の人気なハイキングコースで有名な大山でも圏外。DoCoMoは圏内


 

四国 石鎚山

四国山地西部に位置する標高1,982 mの西日本最高峰石鎚山

 

その他登山

登山アプリが楽天モバイルが圏外で使用できなかったと

少し山に入るだけで圏外とのこと

同じく山はDoCoMoは圏内・楽天モバイルが圏外

山の中の病院 DoCoMoはOKで楽天モバイルはNG

大阪府四條畷市の郊外の公園でそれほど山深いわけでも無いのに圏外
多分まだ楽天モバイルの電波塔が設置されてないのでしょうね

 

 

2021年で山頂で楽天モバイルはパートナー回線のau回線で繋がっている模様。
パートナー回線を廃止しているので繋がりにくくなっている傾向もあります。

 

 

楽天モバイルの山間部リスク回避策はデュアルSIM

 

楽天モバイルは実際はまだまだ山間部の電波状況は良くありません。

しかし

一方ではデータ無制限・電話使い放題などメリットも沢山あって日頃から多く利用している人も多くいます。

山の中で電波が届かない場所で楽天モバイルを利用するにはリスクがあります。

ポイント

電波が届かない山の中で楽天モバイルを続ける方法としては

デュアルSIM という利用方法があります。

デュアルSIMとは

1つのスマホに2つのSIMを設定して2つの回線を利用するということです。

例えば、楽天モバイルとDoCoMoの2回線契約すれば、好きな時にどちらの回線も利用できます。

詳しくは↓

2つの電話番号を利用できるようになりますし、データー回線をDoCoMoで電話は楽天モバイルで利用するという方法もできます。

お勧めの回線はmioneというSIMです。

回線もDoCoMo・au・Softbankの3回線を選べるので途中で回線変更もできるのでとても良いです。

実際に楽天モバイルとmioneのデュアルSIM利用していましたので下記の記事を参考にしてみてください。

楽天モバイルとmineo併用の4つのデメリットと3つのメリット

楽天モバイル と 「マイネオmineo」 の併用することが一時期Twitterなどで拡散されて流行りましたね。 今でも 楽天モバイルとmineoの併用でスマホを利用している人も多くいます。併用している ...

続きを見る

 

【まとめ】楽天モバイルには山登りに向かなくはない

結論は

楽天モバイルは山間部では繋がらない可能性が大だが、繋がらない訳ではない(※パートナー回線)

これから楽天モバイルで山に行くときには以下の4点を確認してから登山に行きましょう

  1. 楽天「エリアマップ」で確認
  2. 「山の電波地図」で確認
  3. キャリア登山マップで確認
    DoCoMo公式「携帯電話をご利用になれる登山道」
    au公式サイト「携帯電話がご利用いただける登山道」
    Softbank公式サイト「登山道マップ
  4. X(旧Twitter)などSMSで確認

以前の楽天モバイルは山間部は繋がらないと言われてきましたが・・・

口コミを見る限り山頂でも楽天モバイルが繋がっている(auのパートナー回線)もあるので
一概に山間部では楽天モバイルは繋がらない電波が届かない圏外になるとは言えないようです。

但し、実際の電波状況は違う場合もありますので要注意です。

繰り返しになりますが3代キャリアには必ず登山マップなる山登りに関する通信状況のサイトが存在します。

しかし、現在の楽天モバイルには登山マップが存在していません

この事実は楽天モバイルが山岳に十分な設備が整っていないことを裏付ける証拠ともとれます。

けれどもauのパートナー回線があるので意外といけるという面もあります。

現在の楽天モバイルは繋がらないと酷評されていますが、懸命に楽天回線の電波塔を設置して電波エリアの拡大を図っています。

どうしても楽天モバイルを山で利用する方針でいる場合は

現在利用しているスマホで楽天回線が存在してるか繋がらないか?を確認できる方法があります。↓

番外編:電波が悪い登山で有効なサービス

現在は電波が悪い山登りに特化した色々なサービスや商品が販売されていますので楽天モバイルとは別のサービスになります。

ココヘリ

ココヘリは、山岳遭難時にヘリコプターを出動させて登山者の位置を特定することで、捜索時間を大幅に短縮できるサービスです。

更に捜索・救助活動が最大550万円と個人賠償責任制度の最大1億円が付与して1年5500円から加入できます。

FIELDCONNECT(フィールドコネクト)

スマホなどの電波が届かない圏外の登山でもGPSが家族や友人などにリアルタイムに共有され簡単にSOS救援を発信できる優れものです。

ジオグラフィカ(Geographica)

登山でスマホが圏外になったとしてもオフライン環境でも使えGPSアプリで現在地が確認できる優れものです。
ただし通信はできないので救援や通話はできません。

 

YAMAP(ヤマップ)

同じく電波が届かない圏外の登山でもスマホのGPSを利用してオフラインで現在位置が確認できるアプリ。見守り機能もあり安心。

 

 

【楽天モバイル公式サイト】

-地域
-

© 2024 楽天モバイル生活のススメ