特徴|メリット・デメリット

MVNOとMNOの正式名称と違いとは?楽天モバイルの立ち位置

 

今まで携帯やスマホの電話といったらDoCoMo、au、Softbankなど3社が主流でしたが格安SIMとか格安通信など沢山の通信業者ででてきています。

テレビのCMでも楽天モバイルに始まり出川哲郎が出ているYモバイルや本田翼がでているLINEMO(ラインモ)などもそうですね。

色々な通信業者がでてきている中でMNOやMVNOという言葉を耳にするようになってきました。

MNOやMVNOとは一体どんな違いがある通信業者なのでしょうか?

順に分かりやすく解説して楽天モバイルの立ち位置などもご紹介していきます。
通信に関わる事業者のことですが、

MNO(エムエヌオー)とは?

 

正式名称は「移動体通信事業者」英語の「Mobile Network Operator」の略。

日本では三大キャリアと呼ばれているドコモdocomoKDDIのauソフトバンクSoftBankの3社でした。

2021年に楽天モバイルも参入して現在は4社となっています。

特徴としては

  1. 各社が独自の回線網の設備を所有して運用している
  2. 総務省から周波数帯700MHz帯~28GHz帯を割り当てられている

 

MVNO(エムブイエヌオー)とは?

正式名称は「仮想移動体通信事業者」で英語の「Mobile Virtual Network Operator」の略

日本ではCMを手がけている大手の通信業者(Yモバイル・UQモバイル)等の他にも数十社にも及ぶサービス業者が存在しています。

主に格安SIMとはいわれて名前に仮想とついているように仮に通信回線を借りている運営しています。

特徴としては

  1. 自前の通信設備を持っていない
  2. MNOから1部の回線を借りている

つまり
MVNOは設備投資や運営費用など諸費用経費がかからないために安価に通信サービスをユーザーに提供できることになります。

MNOの4社と比べて通信サービス会社は多く存在してサービス内容も多岐にわたります。

MNOの主な通信会社

  1. UQ mobile(KDDI系列)
  2. povo(KDDI系列)
  3. ahamo(ドコモ系列)
  4. イオンモバイル(ドコモ系列)
  5. Yモバイル(ソフトバンク系列)
  6. LINEモバイル(ソフトバンク系列)

楽天モバイルはMNOとMVNOの両方

2021年の楽天モバイルは実はNOとMVNOの2つの通信を運営しています。

楽天モバイルの前身はドコモ回線を利用したりau回線を利用したMVNOでした。

現在も旧楽天モバイル回線には加入できませんが2022年現在でも楽天モバイルのMVNOは稼働しています。

公式:楽天モバイルの料金プランを徹底比較

 

私も以前は前身だった楽天モバイルのスーパーホーダイというサービスに加入して利用していました。

その時のサービスは容量は20Gで超過した場合は速度制限1Mbpsで10分話し放題でした。

まだ旧楽天モバイルのMVNOサービスを辞めないで利用している多くの加入者がいると思われます。

そして現在楽天モバイルは全国各地に自社回線の基地局を開設しつつ一方で同時にauのローミングの撤廃を勧めているので楽天モバイルの圏外問題が発生している模様です。↓

圏外の救済での代替機として楽天モバイルのMVNOサービスを貸し出しています。
これらの問題が消滅した時点で旧楽天モバイルと言われている楽天モバイルのMVNOサービスは終了すると思われています。

【まとめ】MNOとMVNOの活用

MNOとMVNOとの違いは理解できたと思います。大半の方はMNOを利用している方が多いのも事実です。一方でデーター通信もあまり利用しないとか特別なサービスを利用したいなどでMVNOを利用する方も増えてきています。

会話を主にする携帯電話としての利用にはMNOをお勧めはしますが、こだわらなければMVNOでも全然問題が無いと思います。

またMNOを主機種として利用してMVNOをサブ機として持ち歩く活用をしているユーザーも多く見かけます。

特に楽天モバイルは1Gまでは無料で電話し放題を展開中で常識では考えられないサービスをしていますので、ドコモを主機種としてサブ機を楽天モバイルにしている人も多く見かけます。

まだまだ改善の余地は残してはいますがサブ機として実際の電波状況や音質レベルなども確認しながら加入するのも手かもしれませんね。

 

 

 

 

-特徴|メリット・デメリット

© 2022 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」通信生活のススメ|1台で自宅をWi-Fi化